むぐるま農園

安心で美味い野菜を食べたい

みやま小株が・・・

| 0件のコメント

先日の台風22号のあとから、みやま小株の様子がおかしいなぁと感じつつも観察を怠ったせいで大変なことに。雨が十分降ったあとにも拘らず葉がひなえるんだよね。普通ならありえないんだけど。今日、何気なく株元を観察。「とうとうここまでやるか!」また、アリだ。食料としているのか邪魔だからかじって分解しているのかわからない。とにかくすごい。おかげで美味しいこの小株は販売が難しいかもね。

これから播種したり定植したりするもの(小松菜、ほうれん草、たまねぎなど)もまだまだあるので、準備がしやすいところは早めに片付けないと。うちは面積が少ないので、畑を効率よく利用しないといけないのとねば地なのでこれだけ降られると乾くのに相当時間が必要だから、地床はなかなか無理があるのよね。今年ここを半分でもしておいてよかった袋栽培。小豆も今日で無事収穫が終わり、次の準備がすぐに可能。デメリットは1袋ずつの作業になるので作業効率はかなり悪いけど、隣の袋がまだでも収穫が終わり次第確実にすぐ次の準備に入れるので栽培の効率はいいと思うよ。大規模ならとてもじゃないけどできないさ。

小豆を片付けた結果、まだ未熟の、大豆で言えば枝豆クラスが少し。もったいないなぁ、ふとひらめいた。枝豆のように食べられないだろうか?夕飯前に調べると少しばかり記事があるようなのですぐに取りかかる。できたできた、小豆の枝豆?色がいいね~、味はどうか。「う~ん、豆ご飯の豆のよう」。無駄なく身体に入れることができたとさ。

コメントを残す