むぐるま農園

安心で美味い野菜を食べたい

一匹では良いことも、悪いことも? 2020.7.23

| 0件のコメント

昨日、少し時間を作り資材調達を兼ねて隣の県まで同志に会いに行ってきました。ほぼ、百姓になったころからの付き合いです。百姓にたどり着いたきっかけがなんと私とほぼ同じだったことが判明。気づきは彼の方がちと早かったねぇ。近くには仲間もいないので、普段はどっぷりと農業の話をすることがまずないけれど、久々に本音で話をしたり聞いたりすることができ、時間は短かったけれども気分もすっきりして帰ってきました。それにしても会話そのものをあまりしなくなってしまった百姓人生だなぁ。しゃべることが仕事だった人間が、180度方向転換。そういう面では気楽でノンストレスだけど、これってどうなのかなぁ。しゃべらないのは体に悪いっていうけど老後に影響するんだろうかねぇ、健康そのものだと思うんだけど・・・そんなことをふと考える今日この頃です。

さて、先日、ニュースキャンというもので全身を検査・調整してきました。波動療法のことは前から気になっていたんだけれど、体験する機会がなかなかなくってね。知人から近所にしてもらえる所があることを教えてもらったので早速行ってきました。ヨーロッパではごく普通に取り扱われている療法らしいんだけれど、この国は皆さんご承知のとおり。診断結果は、50を過ぎたおっさんにしてはきれいな内臓をしているということで、自分の生き方がとりあえず間違っていないことを確認したところです。逆に痛かったのはカルシウムが不足していること、鶏肉の摂取を控えるよう指摘されたことでした。普段食べる肉はほぼ鶏だったので、以降は控えて体に合ったたんぱく質を摂るよう改善中です。

一方、畑の夏野菜です。トマトの収穫もピークを越えたか、これから終盤戦。管理不足で、味が落ちたらどうしよう(汗)。ピーマン、なすは逆にこれから挽回ってところでしょうか。こんな天気でも私たちのやり方の場合はやることやってたら通常の生育に近い状態を保てているんだろうけど、自分の場合は、どうかな?普通に肥料やって育てている場合は良くないと思うよ、雨は降る降る・日照不足、で野菜もごはんを欲しがらないからね。無理やり食わされるとどうなるかってことは、人間で考えても同じことです。

 

コメントを残す