むぐるま農園

安心で美味い野菜を食べたい

秋 身体を冷やさないように 2022.9.11

| 0件のコメント

昼間はまだ暑いですが、夜は過ごしやすくなってきました。体調管理は早めに切り替えておかないとうっかり風邪ひいたりする時期だから大事な時期だね。以前も同じ、これからも同じ、薬でもワクチンでもない、自己免疫力です。そして。先日、私とほぼ同時期に百姓を始め、私と同じ農法を続けている仲間と一年ぶりに会い、そこで突然打ち明けられたこと。奥さんが以前がんを発症、しかし、医者に頼らず自分で治癒したというお話し。それはそれは壮絶な一年だったと。具体的なことはここでは書けませんが、身近にそんなすごい人がいるんだという驚きでした。「それって講演会してまわれる話じゃん!」と思わず言っちゃいましたが、なかなかねー。いろいろ話して最後に二人の出した結論はこうでした。食べ物をあまり狭い範囲でとらえず(オーガニックじゃないとだめ、添加物は入っていないものじゃないとだめ)、主にはそうであってもたまには悪いと言われるものでも大丈夫というくらいの精神的な余裕を持っている方が健康でいられるよね ということでした。そう、食べ物の内容より精神で病む比率が圧倒的に高いという素人二人の結論です。まぁ、だから今後は栽培方針が変わるってことはあり得ないけどね (笑)

昨日からのほうれん草の播種をはじめ、白菜の播き直しや早い玉ねぎの播種など例年やっていることは最低限やるようにしています。今年収穫した玉ねぎは小さいものが多かったので、先日空いていたえごまの株元に定植。早生もありゃ晩生もあるのでどうなるかわからないけど、そこそこ食べられますように。

今年、うちのレベルで本格的に始めた生姜の栽培。仕入れた自然栽培の種芋、高かったよー。だから何とか手入れをして頑張ってますよ。スペース的にカボチャとコラボになっちゃったので、えらいことになっていますが、も少し。

水稲、今年は除草に手を焼きました。あとは大きな台風が来なければ何とかなりそうだけどね。

大豆でとろうか枝豆でとろうか、何か所かで栽培中の借金なし大豆。枝豆が食べたい人と味噌づくりに要るっていう声といい塩梅に分けて収穫したいと思います。

今年の栽培は気が向くまま、頑張れる範囲で無理せずやっています。そして別の新たな活動が始まるので、こちらも重要。のんびり百姓も私にとっては大事なんだけどね、以前書いたとおり、世の中がこうなってくるから急いでいろんな準備が必要になっています。すでに気付いている人々のうち、私は何をしようか?何ができるだろうか?そんな問題意識を持った集団に仲間として入れてもらえることになりました。”世の中の動きの真実はこうで、これからこうなる!”同じ認識を持った仲間のうち、とりあえず岡山県内での活動も始まりました。

多分、世間から見れば、ヘンな人の集まりでしょう。新型コロナへの認識が二分されたように・・・ しかし現実に今、世の中で起こっていること、なにかおかしいと思いませんか?それらに気付いた人々の集団です。百姓を始めてからというもの、不思議なご縁続きでこの先自分はどうなってしまうんだろう?と考えることがありますが 役割があるんだから と・・・

 

コメントを残す